父の死をきっかけに再受験医学生になった私は、大学1年生だった18歳頃から27歳の今まで、数々の天職探しをしてきました。
今から7年前、19歳~20歳の頃、初めて本格的に描いた夢はシンガーソングライターでした。。

理由はいろいろあるのですが、
その1、ピアノが好き。その2、歌が好き。その3、たまに自分でビビるくらい良い曲を作れる(笑)、その4、詩を書くのが好き、など。
才能を人に認められることへの憧れもありました。当時は有名になりたいという気持ちも大きくて…今思うと、自分の歌を聴いてくれる人のことより、「自分が」「自分が」となっていた気がします。若かったです。


大学2年生の秋に決心しました。

「これから1年、本気でシンガーソングライターを目指す。1年やって芽が出なかったらすっぱりあきらめて就活に入る。」


実力だけでなく運も必要な世界だとわかっていました。自分の作曲のレベルがどんなものかはわからなかったです。だから自分で、「1年」という期限を設けました。この1年はシンガーソングライターになるための活動を最優先にする、と決めました。
実は、最初は友達にも家族にも言えませんでした。大きな夢と、今の自分との乖離が大きすぎて恥ずかしかったんだと思います。

…医学部再受験のときもそうだったけど、私は何かを決意するとき、あまり人に相談はしません。人生の一大決心をするとき、周囲の雑音に自分の人生・決意・未来を乱されたくないんです。死ぬ間際に「あのときあきらめたけど本当は○○したかった」と思っても、誰も責任を取ってくれませんから。
自分の中で決めてから、本当に仲の良い人にだけ「こうしようと思っている」と打ち明けます。その他の人には、いろいろ終わってから、「実はこうなった」と事後報告するようにしています。



その1年は、(実は前回のブログの、不勉強だった学生時代に重なるのですが)極力授業に出席せず、彼氏や友達ともあまり会わず、下宿先の部屋で、ピアノ、歌、曲・詞を書く、音楽を聴くことに向かい合う日々でした。
ジャンルを選ばず、クラシックから洋楽、アニソンまで、聴いて、弾いて、作って…を繰り返していました。
今考えると、決して楽しくはなかったです(笑)。ただただ、早くデビューしたいなぁ、と思っていました。

2006年の暮れ、初めてデモテープを作りました。その当時の渾身の持ち歌1曲と(笑)、確かもう1曲くらい、大阪の十三にあるスタジオで、ピアノとボーカルを録音したのを覚えています。それをいろんなレコード会社に送りました。


2週間もたたない間に、1通のメールが入りました。バイト先の控え室で、アイスを食べかけたまま固まったのを覚えています。確かこんな感じの文面でした。

「ポニーキャ○ニオン新人開発部の××と申します。送っていただいたデモテープを聴き、原石であると感じました。つきましては、心斎橋のライブハウスにてショーケースを行い、その様子を本社で審査させていただきますのでお越しください」



わー!わー!わー!!!
キタ━━━(゚∀゚).━━━!!!


こんなふうにくるもんなんや!?えっ、あと1ヶ月もないよ!!!一曲はデモテープの曲を歌うとして、あと2曲は新しい曲携えて臨みたい。わぁ、大急ぎで曲つくらなあかん!
急ピッチで、アップテンポとバラードを1曲ずつ作り、合計3曲、死ぬほど練習して、新しいワンピースを着て臨みました(笑)。

そして本番。広いライブハウス、強烈なスポットライト、前にずらりとしかめっ面のポニーキャ○オン審査員。順番はトップバッター。。

高校のとき、ベース担当でバンド組んでたので、ライブには慣れているつもりだったのですが、学校の視聴覚室なんかとは比べ物にならないくらいの大きなステージとぴりぴりした雰囲気。そして、自分のデビューがかかっている、という思い。完全に雰囲気に飲まれてしまいました。緊張しちゃって声は出ないしピアノを弾く指は震えた…
今考えると、もう少し楽しめばよかったなぁ(*´ェ`*)

ショーケース後、当然ながら、ポニーキャ○ニオンからデビューの話は来ませんでした(^^;)。
でも、このときあたしに連絡をくれた新人開発部の方とは、その後アドバイスをいただいたり、ボーカルを努めるライブに行かせてもらったり、いろいろとお世話になりました。そして、一緒にショーケースに出て知り合った女の子とはいまだにフェイスブックで連絡を取り合ってます。
成功はできなかったけど、人生経験という肥やしを増やすことができました。


その後、シンガーソングライターを本気で目指す「1年」の期限が終わるまでには、ちょっといろいろあったんです。
毎日曲作りは続けていました。
同時に、音楽プロデューサーの方と知り合い、その方のつながりでアーティストのライブや打ち上げに呼んでいただいたり、有名なソングライターの方に曲を聴いていただいてアドバイスをいただいたり、となかなかできない経験をさせてもらっていました。
しかし、当時のウブなあたしには衝撃だったのですが、車に乗せてもらう時に口説かれるようになりΣ(゚д゚;)。今なら「あぁ、遊び人なんだな」って思うだけだと思うのですが、当時は余裕でかわしている風に装いながら傷ついてました(笑)。私の音楽が優れていたから声をかけてくださったわけでないのだな、と実感させられたからです。

そうこうしている間に間近に迫ってきた就活が、いろいろな会社を見ることができてとても楽しそうに見え、興味を持ちました。そして、軸足を就活準備に移すことにしたのです。


こんな感じでシンガーソングライターという天職探しは終わりました。やりきったので悔いはないかなと思います。当時ほどうまくは弾けないけど、いまだにピアノは大好きです。
この経験を通じて学んだのは、自分の才能を信じることと努力し続けることの難しさ。結果が出なくても努力し続けられるか。一度結果を出すことはできるかもしれないけれど、そこから成功「し続ける」られるか。
本当に良い経験になりました。




ランキング参加中です♪

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村